偶然日記

いまのテーマは一対一の人間関係。

体調メモ

前回ブログを書いたときの午後くらいからなんとなく鬱っぽく、1日3〜4時間しか眠れなかったのが、それから数日間よく眠れるようになった。13時間とか眠る日もあった。

9日の診察のとき、鬱っぽいと主治医に言ったらクエチアピンを処方される。夕食後に一錠。

二日前すごく憂鬱で自殺など考えながら、一日中眠った。

きのうは目覚めが良く、お、鬱期抜けたかな、と思ったが体がだるく、昼寝をしてから就活のことで相談に行った。

面接が控えているけど、週5で毎日7.5時間働けるか不安だったから。

帰り道にお気に入りの古着屋さんに行って、店員さんとも楽しくおしゃべりし、

夏物の派手なワンピースを買って、まだ肌寒いのに着て帰った。

半袖のワンピース着てるのなんてわたしだけで恥ずかしかった。


帰ってから母親とおしゃべり。わたしちょっと早口になってる気がするおしゃべりがとまらない。


19時か20時頃、もう布団に入り、寝た。


そんでいま、5時過ぎに目が覚めて、これ書いてます。


きのうの自分、疲れやすかったりだるかったりよく寝たりする鬱っぽい部分と、派手なワンピース買ったりおしゃべりしまくったりな躁の部分。混じってますな〜。さっきまでの夢ではわたし、キューバ人になってセクシーに踊ろうとしてた。


この一週間くらい、鬱期だったわけだけど、男の人と飲みに行ったり、友達とお茶したりできてた。イベントの告知文もすらすら書けて喜ばれたりもした。あ、島根に旅行したりもした。そこで友達と会ったり大好きなカレー屋さんやコーヒー屋さんに行ったり、霊能力者に会いに行ったりもした。

そんなにひどい鬱期じゃなかった。友達とのお茶の時は眠くて眠くてほとんど喋れなかったけど。


あ、でも「なんで自殺はタブーのことなのだろう。こんなに息苦しい世の中なのに」と考えるようになった。友達に会ったときそう話したらすごく理解してくれて嬉しかった。やっぱり、躁っぽくなったいまでも、その考えは変わらない。


きょうは希死念慮ある人たちの自助グループ行ってきます🐼