偶然日記

いまのテーマは一対一の人間関係。

nomikomu umidasu

「女というのは魂につけることのできる最も高貴な名前である」

エックハルト説教集というのを読んでいたら、こう言っていたんだよ、エックハルトが。

 

 

 呑み込むと、

生み出す。

 

わたしは子どものころから、車は運転しないと固く誓っていた。

車は恐ろしい、ちいさな、無力なひとびとをひき殺し、ばらばらにし、伸ばし、ぼよぼよにし、あるいは生殺しにし、火だるまにし、欠陥させ、沈黙させる。

 

きょう教習所で、赤い車の中で、

わたしはボロボロ泣いた。

こわいんだ、最終試験で40キロ出すなんで無理だよ。坂道なんて登れない。

 

指導員に連れられて、ロビーに行って、教頭が出てきて、「落ち着いてください」と言われた。とっくに泣き止んでいるのに。静かに泣いていたのに。

 

わたしはね、

月を見ながら歩くのが好き。

月とわたしは

一直線に結ばれてる。

それだけでいいと思ってしまう。

お父さん、

教習所辞めていい?

 

世界に伝えることがあるとしたら、

 

あるとしたら、

 

わたしは月を見ながら歩く夜の豊かさを。

目の前の優しい人だけに、伝えたい。