偶然日記

いまのテーマは一対一の人間関係。

あなた

謙遜しながら、卑下しながら、生きてきたから、

みんなそれを真に受けて、

あなたのことをバカだと思ってる。

 

あなたはあなたが信頼したひとに、それも静かで安心な空間でしか、心のことばを伝えないから、

あなたのなかにどれほど深い泉があるか、愚かな、多くの人々は知らない。

 

あなたが考え続けてきたことやその思考の深さ、

そしてその思考の潤滑油となってきた感覚の鋭さ、それを受け止める精神性の豊かさ

泣いているひとがそばにいるだけで涙があふれたり、遠い人の苦しい文章を読んだだけで自分が苦しむ悪夢を見る共感能力の高さ

語り切れないあなたのすばらしさ

みんなわたしは知ってる。