偶然日記

いまのテーマは愛と適切な距離感♡

きのう赤いワンピースを買った。

 

ちょっとわたし、自己主張しなさすぎでは?と思うことが続き、

もやもや~っとしながら服がどうしても買いたくなった。

リネンの赤いワンピース、しかもノースリーブ。

試着した服は全部で3着で、意図したわけでもないがどれも赤い。

どんだけ赤を求めてるんだ! となる。

 

きのうは生理の5日目だった。

自己主張しなさすぎの消極的な自分と

そんな自分がトイレの個室に入ると目にすることになる真っ赤な経血

それが妙にミスマッチで、

でもなんか手に入れたくなった。目に焼き付いてしまったのだ、真っ赤が。

 

 年がら年中青を着ている私にとっては、

赤い服を買うなんて、ちょっとした革命なのでした。

 

 

「寂しいってなんですか!? 私分からないです」と声を張り上げていたあの人、その言葉の中に怒りみたいなものが感じられて、わたしに向かって言われた言葉じゃないのに、びくびくと怖くなってしまった。

 

今気づいたんだけど、

あの人も、人一倍寂しいんじゃないんだろうか?

よしよししてもらいたい気持ちがあって、でも求められなくて、

だから「寂しい」って素直に泣きべそかいている人を見ると、あんなふうに怒りみたいなものがわいてくるんじゃないだろうか?

 

求めればいいのに。

 

setouchifinder.com

 

 

大好きな店ばっかりでこれ書いた人、気が合いそう……。 nice nonsense booksっていう古本屋さんは知らなかった。行ってみよう。あとのお店ぜんぶすき。

夜、手のひらをもんでもらった。母に。

薄暗がりの中で。

 

母って 前世パンダだったんじゃないか、母パンダ。

そんな姿が一瞬見えた。

youtu.be

 

 

気持ちがぐしゃぐしゃしてたけれど、これしてみたらほっとした感じ☕

 

きょうもいちにち生きてみますか!

生理前落ち込みの日々

お前なんか死んだほうがましだ、生きている価値がない

そんなフレーズが頭の中でえんえんと。

くるしい。