偶然日記

いまのテーマは一対一の人間関係。

おはよう

おはよう、いろんなことがありました。
この1週間ほどは、ずっと気がかりだったことをひとつずつ、消化していってます。
たとえば一年前、道端で拾った手紙の送り主のもとへ行ったり。
ひとりディズニーへいったり。
村上春樹の、なぜか食わず嫌いしている3冊を読んだり(「アフターダーク」「スプートニクの恋人」「国境の南、太陽の西」。これ以外の春樹の本はすべて、どんなマニアなエッセイや短編も読んだ、読みつくしたのに、この3冊だけはなぜか気になりつつも食指が動かず)
まだ途中だけど、4月から、しなきゃしなきゃっていいつつやってなかった名刺入力にも、ようやく手をつけました。今日で終わりそう。
あ、2年前くらいに一度カフェで出会って、おしゃべりしたすてきな男の人がいて、時々思い出してたけど、おととい、そのカフェで再会したのでした。
でもわたしが照れちゃって、先に帰っちゃった。ばかすぎ。


ずっと気がかりだったことに手をつけてみて、
うまくいかなくて、がっかりなこともあったり。
なんだかいま、わたしの周りの物事が、結び付かずに宙ぶらりんで。
小説なら、すべてが結びついて、わたしは暗闇から抜け出し、あらたな意識を獲得するのでしょうけど、
そんなふうにはゆかない。

そういうわけできのうの夜、なかなか帰る気にならなくて、ふらふら都会を彷徨った。