偶然日記

いまのテーマは一対一の人間関係。

すごく嫌なことをされて、その日謝罪のラインも届いたのだけど、

どうしても許せなくて、きょうは雨の日、きのうは夜から雨、

ずっと眠り続けてる。


ときどきこんなふうな「圧倒されるような傷つき体験」が起きる。年に数回。

わたしが圧倒されやすい体質というのもあるかもしれない。

そんなバカ相手にせず前に進もう、というのができない。

ずいぶん年上の人だったけれど、なんでも話せたし、わたしのことも好いてくれていた。


もっといろんなことを話してみたかった。

その場にいたもうひとりの年上の人も、そのひとに同調してたのもショックだった。話がわかってなかったみたいだけど。


許さないという選択もありだと思う。

それが自分のためなら。