偶然日記

いまのテーマは一対一の人間関係。

ベリーショート

「男だか女だかわからない髪型にしてください」

って美容師さんに言って、

美容師さんも戸惑ってたけど

ばっさりベリーショートにしてもらった。


二日前ものすごい怒っていた。

ネットで知ったひどい女性差別に怒っていた。

もう見かけであれこれ言うなって思った。

女の身体ってだけで、お前の思う女って牢獄に押し込めんな。

いいかげんにしろ!!!



美容師さんはすごくカットの上手い男の人だけど、

出来上がった髪型はわたしはあんまり気に入らなくて、でも「わぁ〜いいかんじ」って笑顔を残して帰った。

美容師の腕とは関係なく、ベリーショートの場合、髪質や頭の形によって似合う/似合わないがわかれてしまうようだ。

わたしの髪はバッサリ切ると「浮き上がってくる」タイプで、ベリーショートは似合いにくいらしい。

「でも切ってみないとどっちのタイプがわからない」ということだから、

はあ、難儀です。


なんか家に帰って、

こんな髪型で、セックスとかできるだろうか?男の人に欲情されるだろうか?

わたしのぽっちゃりした身体とミスマッチなベリーショート。

鏡をみては頭をくしゃくしゃにして、不安になった。

伸びるまで相当時間がかかる。

なんか希望が見えなくて、そんなことで死にたいと思った。



「女」として見られることにものすごい抵抗があったのに。「男か女かわからない髪型にしてくれ」って言ったのに、男に欲望されるか悩むなんてどうかしてる。


でもベリーショートの女の人の写真をみていつもうっとりするのは、

その髪型の奥に見える「生っぽい」感じというか、苦悩とか喜びとかいろいろ経験した純粋さみたいなの、それがくっきり浮かび上がるように見えて好きなんだ。


わたしはいつもワンピースを着てる。好きだから。

でも

「女」という固定概念にとらわれずに、

わたしを見てほしい。そこにいる人間を、心の中でけっこう頑張ってる「わたし」を、見てほしかった。


KRさんのホ・オポノポノの本を読んでいたら、

KRさんも女性ということで、男性たちから誤解を受けることがあったという記述があった。

「わたしの中にもともとあった「自分は女だから相手はわたしを信じないのだ」という記憶が、相手の中に不安を映し出していたのです。(中略)自分が体験している立場からくるブロック(記憶)が、相手を惑わせているだけなのです」


とあった。


「女だか男だかわからない髪型」にして欲しかったその気持ち、

「わかってほしい」という思い、

男性たちへの怒り、

女性の現在まで続く抑圧の歴史、

気に入らない髪型、

欲情されるかの不安、

そういったもの、

見せてくれてありがとう。クリーニングの機会を与えてくれてありがとう。

一緒にクリーニングしていこうかウニヒピリ。

時々呼び出してはこんなこと言ってごめんね。いつも目をかけてあげられなかった。

許してね。

ほんとうに、愛しています。


そうやってクリーニング初めていこう。

さっきまで見てた夢もクリーニングしよう。

いまこの瞬間、も、クリーニング。


それをしよう。