偶然日記

いまのテーマは一対一の人間関係。

「星野君のヒント」田村隆一

 

「なぜ小鳥はなくか」

プレス・クラブのバーで

星野君がぼくにあるアメリカ人の詩を紹介した

 

「なぜ人間は歩くのか これが次の行だ」

われわれはビールを飲み

チーズバーガーをたべた

コーナーのテーブルでは

初老のイギリス人がパイプに火をつけ

夫人は神と悪魔の小説に夢中になっていた

 

九月も二十日すぎると

この信仰のない時代の夜もすっかり秋のものだ

ほそいアスファルトの路をわれわれは黙って歩き

東京駅で別れた

「なぜ小鳥はなくか」

ふかい闇のなかでぼくは夢からさめた

非常に高いところから落ちてくるものに

感動したのだ

そしてまた夢のなかへ「次の行へ」

ぼくは入っていった