偶然日記

いまのテーマは一対一の人間関係。

21歳の書き残し

21歳のとき、I君に恋をしたのだけれど

朝方、そこで書き残したメモが見つかったので、ここに。

いまわたしは24歳だから、3年前だね。

 

 

「9/13

やっぱりI君のことすきなんですけど 好きとかそういう形におさめたくなくて、

ひとつの、広くて伸びやかな、奇跡みたいなこととして とらえたいと思った。

あんなに優しくて純粋な人に出会ったのは初めてで、世界のすてきさを示してくれたことは、とてもありがとう。

そういう事件

きっとすてきな家庭を築くんだろうな。

でも汚いところだってあるよ。

誰にしたって。

あんまりお互いを神聖化していると、

神聖なイメージを守ろうとして、

深く立ち入れない。かもしれない。

 

しかし 男女が迷い込む道に入らず

うつくしいとうめいな領域を守ってゆく

維持させてゆくカンケイもいいと思う。

生きてゆくにあたってすごく支えになる。

ありがとう。

 

女性性の再発見/マリオン・ウッドマン著

すごくおもしろい! おもしろいとおもうが、まだわからんけど

これはタメになるかも……。

でてくる女性ってでも肥満なのかな?

体重近いけど…。

私って肥満なのかな。

うーん。

ちがうと思う。

ハハはちょっと肥満だと思う。

小説書くゾー。

Iくんからメールくるかな。

来ないなあ。」