偶然日記

いまのテーマは一対一の人間関係。

のり弁

きょうの夜はのり弁とプディング。

うまれてはじめて「パンプディング」を食べた。

大島弓子さんの、バナナブレッドのプディングって、こんな感じなのかな。

 

きのうの昼はたこやき。

超能力をもつというおじさんがやっている、たこ焼き屋にいってきたのだった。

後輩と。

場所は南千住。

おじさんのパワーによって、たしかにちょっと、たこ焼きの味が変わった。

こってりからさっぱりへ。というふうに。

また、おじさんのパワーによって、わたしの香水の匂いも変わった。

「感度を見てあげるよ」といわれ、わたしの差し出した右手に、念を送るおじさん。

普通は「熱さ」を感じるものらしい。

「むしろつめたさをかんじます」とわたしがいうと、

「それはマイナスのエネルギーが抜けてるところだから」と言われた。

このところずっと自殺のこと考え続けているから、マイナスのエネルギーで満ち満ちてしまったのかな?(笑)

「感度をあげるにはどうしたらよいですか?」ときくと、かんたんなことをふたつ、教えてくれた。

 

「仕事に行く前(社会人と思われたのかな?)と、眠る前、鏡を見て笑顔を作ること。これが自分の笑顔だっていう笑顔を。」

「合掌して、鼻から吸って口から吐く。3~4回やればおちつくよ」

 

ふうん。やってみよう。

 

そのあとはてくてく、ちょっとずれた世界を歩く。

あとからしったけれど、そこは東京のドヤ街「山谷」

バグったようなシュールな風景があまりにもつぼで、「変な町に来たなあ」とぼんやり、あしたのジョーの像の前で写真撮ったりしてたことがすこしはずかしい。

ぐっとくる飲み屋もあったな。

帰ってからネットで散々、山谷のことを調べた。

もう山谷の虜。

こんどは山谷のことをリスペクトしたうえで、歩こう。

あの飲み屋、行こう。