偶然日記

いまのテーマは一対一の人間関係。

偶然日記、レアチーズケーキ

バイトへゆく。

鍵が閉まっていた。中にいた先輩があけた。

きのうばったりであった友達が言っていたことをおもいだす。

「静かな職場、無音の職場が苦手で・・・・・・」

へえそうかなあ、と思ってきいていたけれど

たしかに、そうかもしれないですね。

先輩と私。

この2名しかおらず、静かな職場、無音の職場だった。

はなしかけてみたが、返事の声がひくくてつめたくて、ショックで黙りこんでしまった。黙り込んでいたら、わるかったとおもったのか、あちらが饒舌になったけれど、立ち直ることができずため息をついてしまった。失礼だっただろうか。

冷たさとか無関心とか悪意とかに敏感なのである。

このところ、人生のテーマは一対一の人間関係。

 

 

バイトが早く終わったので、夕方5時前、bunkamuraの「風景画の誕生」展へ。

絶妙な空き加減だった。

5枚の絵が展示されている部屋があるとしたら、そのうち3枚の絵のまえに、それぞれひとりずつ立っている、という感じ。

館内を歩きながら、一貫性のある世界の中に引きこまれるのだけど、でていったら忘れちゃった。お腹が空いていたからかな。印象に残ったのは、曇り空に浮かんだうお座の象徴(ばってんに並べた二匹のさかな)、水を飲んでいる羊のうっとり顔。

あ、外のお店で赤瀬川原平の『世の中は偶然に満ちている』を購入。

死後発見された、原平が30数年かきためていた「偶然日記」の書籍化。

原平はその日起きた「偶然」やその日みた「夢」を書き記し、「偶然日記」となづけていた。

そういえばそんなこと、原平さん言ってたな。『異次元が漏れる』のなかで。

このブログの名前が「偶然日記」なのって、しらずしらずの原平さんの影響か。

偶然。

 

そのあとはマメヒコへ。

どのテーブルにもランタンが灯っていて、地下室の礼拝堂みたい。

レアチーズケーキとカフェオレ。

レアチーズケーキはクッキー生地の上に、かたちのないやわらかいレアチーズを「ぼてっ」「ぼてっ」「ぼでっ」と3回落としたような姿で、たいへんおいしかった。

あんまり居心地がよくて、『個人的な体験』よみながら、二時間くらいいてしまった。

礼拝堂の空気をまとったおかげで、そのあとの満員電車でもうっとりとしていられた。

帰ってからもうっとりしていた。

母がコメダ珈琲プリペイドカード3000円分を、わたしに贈るという。「コメダのコーヒーで、卒制がんばってね」と、メールにあった。

わたしがコメダ珈琲で小説を書いていることを知っているのは、母だけだろう。

ありがたい。