偶然日記

いまのテーマは一対一の人間関係。

ぱたん、

一か月くらい前かな、つまり10月のことだ。夜、駅で、10月だというのに、毛皮の女が歩いていて、その女はごく自然に、隣を歩いている男と、手をつないだ。お互いがどうじにふっと手を伸ばし合って繋いだ、という感じだった。

どんな顔か見てやろうと、追い抜いて、ふりかえってみると、その女の腹は膨らんでいて、つまり孕んでいた。幸福な夫婦。そのとたん、わたしは、生涯そのようなこととは無縁だろうなと悟った。男の人にかぎらず、どんな人間とも親密になることはできない。そのようにわかってしまった。

 

きょう、装丁のうつくしい詩集を買った。パソコンはまだ愚かだ。「そうていのうつくしいししゅう」を変換して、「想定のうつくしい刺繍」となってしまうとは。

谷川俊太郎の「あたしとあなた」という詩集。

この詩集を買ったことを機に、あの日の悟りは帳消しとしよう。

この詩集を今後、わたしがだれかと親密に結びつく、そのシンボルとする。

 

夜、駅でばったり友達に会う。いっしょに電車に乗って帰る。ヨカッタ。