偶然日記

いまのテーマは一対一の人間関係。

暗殺の森

ゼミに行くつもりだったが乗り換えの駅で、手に持っていたはずのトートバッグがないことに気づき、ひきかえす。

トートバッグも無事みつかり、ふたたび電車に乗り大学へ向かうけれどE駅についたときにはゼミの時間は終わっていた。

大学へ向かう道のり、メロンパン屋のまえでゼミの先生に会う。

みちばたで、「暗殺の森」のことを解説してもらう、先生のおすすめしてくれた映画で、このあいだの夜、新宿へ観に行ったのだ。とてもよい映画だった。

別れ際、「がんばって書いてね」といってくださった。卒制の小説のことだ。そのことばが、そのことばだけが、すごく生きる希望になる。

今朝の夢の中にでてきたような、ハンバーグ定食を食べて帰る。

夜、数か月ぶりに、すこしかきすすめることができた。