偶然日記

いまのテーマは一対一の人間関係。

生きていて嬉しい、楽しいって思うことにする。周りの人はみな優しくてやわらかいって思うことにする。お酒に逃げたくなったけど、空を見て思いなおした。わたしきは夢がありました。そのことを忘れていたよ。今日は笑顔で人に会えたからOKわたしは笑顔がか…

ゼロ

ゼロから始められるって、すばらしいことじゃないか、と気づいた わたしにはその機会を与えられた また生まれなおす 25年間の人生は、自分を責めすぎたから これからのゼロ歳のわたしは自分にとことん優しい言葉をかけると決めた。 自分を責めないと、他人…

植物

人間というよりは植物の波動に近いね、って言われたの。 その人は発達障害のわたしにこうも言った。 「あっち(大多数)の方が障がい者って感じだよ!ギスギスしちゃってさぁ!」 わたしは涙が出そうになった。そうだよ、なんでみんなギスギスしているの、っ…

精神科から退院して思うこと

5月25日の夜に車の中でカフェイン剤を致死量飲んで死のうとした。 憶えてないけれど気弱なわたしは薬を全部(100錠は一気に飲んだと思う)飲んだ後、車の中から母に電話した。 どういう薬をどのくらい飲んだのか、電話したときどういう状態だったのか…

入院

入院中ですが生きています。あの日、5月25日の夜に救急車で運ばれ2日間眠り続けていました。心肺停止にもなったそうです。いまは救命のところから精神科の個室に転室し、ゆっくり回復中です。リハビリも楽しくやってます。

申し訳ありませんが自死を選びます。愛してくれた家族、ありがとう。優しい家族のもとにうまれて幸せだった。自分を責めないでください、わたしはずっと、わたしのせいで、生きづらかった。職場の皆さんもすみません、迷惑をかけっぱなしで。できればこれか…

あたしは透明じゃない

夕方、姿見の前で下着姿のじぶんをじっと見つめたり、 ケータイで写真を撮ったりしていたら、 思っていたより太くたくましいわたしがそこにいたのだけれど、 わたしの体について理解が深まり、 じぶんの体を愛するってこういうことかってすこしわかったし、 …

なんであの人が好きなのだろう?丸眼鏡が似合ってて、落ち着いてるからどうして丸眼鏡が似合ってて、落ち着いてる人が好きなのだろう?処女捨てた相手が丸眼鏡の似合う落ち着いた人だったからあ、そんなもん。さびしさ、というものがあって、本来わたしはさ…

誰かに救われたいと思っていた私が誰かを救いたいと思う形で恋をするとは思わなかった恋愛は水鏡のようなもので自分が知らなかった自分がよく見える相手は複雑な形をした鏡でどんな複雑な問いもちゃんと複雑な過程を経て自分へ返ってくるまっすぐに向けた心…

体調メモ

4月30日、一睡もできず朝を迎える。そうそう、仕事決まりました!働いてみたいところだったので、うれしい。昼過ぎからだんだんと鬱気味になり、ストリップへ行くも途中からあまり喋れなくなる(踊り子さんやらお客さんやらフレンドリーな方たちが話しかけて…

よもぎとミラーボール

よもぎ茶を飲み、よもぎのお風呂に浸かるようになってから、ふとしたときに、「幸せだなあ」と思うようになってきた。よもぎで少し体温が上がったからなのではと思う。香りも癒されるしねえ。たまにはつらいこともあるけど、回復させてくれるものがあるって…

すごく嫌なことをされて、その日謝罪のラインも届いたのだけど、どうしても許せなくて、きょうは雨の日、きのうは夜から雨、ずっと眠り続けてる。ときどきこんなふうな「圧倒されるような傷つき体験」が起きる。年に数回。わたしが圧倒されやすい体質という…

この傷につける名前

信じられないくらいひどいことをされたけれど、お金払ってタクシー飛び乗って逃げたわたしは成長したと思うことにする。

よもぎ

よもぎのお茶を飲んでよもぎの湯に浸かってああよもぎ三昧。きもちいいな。

月の言葉を話すには

月の言語を持つ人と、 太陽の言語を持つ人がいる。 それに気づいたのは昨日の朝でした。 その前の晩、わたしは話し方の癖を指摘されました。 「天井とかを見て、考えて、言葉を選んでから、話してる。思ったことをそのまま口に出す練習すれば? たとえば友達…

体調メモ

前回ブログを書いたときの午後くらいからなんとなく鬱っぽく、1日3〜4時間しか眠れなかったのが、それから数日間よく眠れるようになった。13時間とか眠る日もあった。9日の診察のとき、鬱っぽいと主治医に言ったらクエチアピンを処方される。夕食後に一錠。…

体調メモ

12時に寝たのに3時に起きてしまう。 この頃ずっとこんなことが続いている。 軽躁状態なのかもしれない。 おなかが空いたなあ。 さいきんの気づきについて。 しらずしらずのうちに、 自分に「みじめさ」を貼り付けてしまうことがある。 たとえばショートパン…

たのしい日

はあきょうはすごいたのしい日だった。

ベリーショート

「男だか女だかわからない髪型にしてください」って美容師さんに言って、美容師さんも戸惑ってたけどばっさりベリーショートにしてもらった。二日前ものすごい怒っていた。ネットで知ったひどい女性差別に怒っていた。もう見かけであれこれ言うなって思った…

主治医として

きょうショックだったのは、主治医に、「ものの見方におかしなところがある、固執してしまうところがあるようですね」と結論づけられてしまったこと。わたしが散々、ネットの女叩きのひどさ、現実の女性差別の多さ、女の身体に生まれたことによる息苦しさな…

ゆメモ

きょうみた夢 つづき、というか夜中に起きてオレンジジュース飲んだあとの夢 ・・・・・・・ Y(イケメン)に愛されている 温泉などある神勝寺のような学校 そこに通っているわたし 学級委員みたいなことをしている 学級委員だから一限が始まるもっと早くに…

「取ってしまいましょう 取っちゃえば大丈夫すぐ治ります そういうものなのかそういうものなのだろう 看護師が薄いカーテンを引いて 治療台に横たわるわたしの太ももにピンセットが 触れたと思った瞬間にはもう終わっていた あっけなく 摘まれ引き離されたわ…

ゆメモ

今日見た夢の覚書 クエチアピンっての飲み始めたら夢の中だけ血気盛ん。 ・・・・・・・ 広島駅までお父さん送ってくれる 広場 大きな木 遠くの木のテーブル 突っ伏して寺門さん泣いてる 寺門さんの泣いてる声に合わせて広場の木もうごく 「わたしも自然に触…

わたしへ、詩を贈る

まりなさんへ 「聴く力」茨木のり子 ひとのこころの湖水 その深浅に 立ちどまり耳澄ます ということがない 風の音に驚いたり 鳥の声に惚けたり ひとり耳そばたてる そんなしぐさからも遠ざかるばかり 小鳥の会話がわかったせいで 古い樹木の難儀を救い きれ…

風景

「どこに座ろうと、そこで僕は生活できる。風景は僕から展開してゆく」 『森の生活』ヘンリー・デイヴィッド・ソロー 今日飲んだお茶。 台湾の、「凍頂龍眼金萱(とうちょうりゅうがんきんせん)」。 香ばしくあったまる。 朝は生涯記憶に残しておきたいほど…

うずくまる

うつ病がやってきた お父さんもお母さんも眠ってしまった わたしはこれから眠れる自信がない 聞いたことのない駅で降りてそこで一晩中、 うずくまっていたい

「言葉はヴィールスのように人を侵しつづけ、沈黙という抗体すらもう役に立たない。書物はパンドラの箱、だが今さらページを閉じても手遅れだ。言葉に魂を吸い取られて、人はゾンビのようにさまよっているではないか。」 「メランコリーの川下り」谷川俊太郎…

詩を書き留めておきたい できるだけたくさん。 「六月のうた」谷川俊太郎 あの日もあなたを好きだったのに あんなに哀しかったあの日 あの日も空は青かったのに あんなにうつろだったあの日 人気(ひとけ)のない公園で いつまでもぶらんこに座っていたあの…

午前3時に目が覚めてそれから、眠れない リビングと母の寝室を行ったり来たり 母が目を覚ますのが待ちきれなくて 7時過ぎ、起こしに行く 昼、母がテレビで映画を見ることすらさびしくてしてほしくない ほんとうはいっしょに踊りたい 眠れる森の美女の曲で …

「星野君のヒント」田村隆一 「なぜ小鳥はなくか」 プレス・クラブのバーで 星野君がぼくにあるアメリカ人の詩を紹介した 「なぜ人間は歩くのか これが次の行だ」 われわれはビールを飲み チーズバーガーをたべた コーナーのテーブルでは 初老のイギリス人が…